春キャベツとお豆のクリームパスタ

皆さん、こんにちは!遠軽スタッフの今井です。
やっと、春らしくなってきたなーと感じていたのに、また、今日も雪が降っております。
5月のゴールデンウイーク中にも雪が降ったことがあるので、車のタイヤはまだまだスタットレスタイヤ使用です。

そんな、春遠い遠軽ですが、先日、春キャベツが安かったので、1玉買って青くて柔らかそうな葉で、お豆ごろごろパスタを作りました。
画像


使用したお豆は「パンダ豆」です。
白黒の模様が可愛らしく、シャチ豆とも呼ばれています。
いんげん豆なのでほくほくしていて、クセが無く食べやすいお豆です。


【春キャベツとお豆のクリームパスタ】(1~2人前)

【材料】
乾燥パスタ(フェットチーネ)100g
茹で豆(パンダ豆) 30g~40g
キャベツ 2枚 
にんにくみじん切り お好みで
(ソース)
バター 10g
小麦粉 大さじ1杯
牛乳 200cc
味噌 小さじ0.5杯
コンソメ固形1個
塩、こしょう 少々

【作り方】
①キャベツを食べやすい大きさにカットします。
②フライパンにバター(分量外)とにんにくを入れキャベツと茹でた豆を軽く炒め、取り出します。
③上記のフライパンに、バターと小麦粉入れ弱火にかけ、混ぜ合わせます。
④小麦粉が混ざったら、牛乳を少しずつ入れ混ぜ合わせます。
⑤コンソメを入れ、木べらなどでとろみが出るまで混ぜます。
⑥とろみがでたら②を入れ、茹でたパスタを混ぜ、塩コショウで味を調えて出来上がりです。
※パスタの茹で時間にもよりますが、⑤の工程位でパスタを茹で始めると、タイミングがよさそうです。



※お豆の戻し方について

私はいつも豆を茹でるときは、豆を熱湯で戻してから茹でています。
ですが、一般的には「一晩浸水して・・・」が、基本のようです。
今回、「一晩(8時間)浸水」して茹でた豆と「熱湯で2~3時間」で戻して茹でた豆と、どのような違いがあるのか比べてみました。

(1)豆は洗って水を切り、4~6倍の水につけ、1晩(8時間)おきます。
画像

まだシワが残っている豆があり、戻り方にむらがありました。

(2)沸騰した4~6倍のお湯に、⑴と同じく水気を切った豆を入れ、蓋をして2~3時間そのままつけておきます。
画像

ゆっくり戻した豆より、色が多く抜けましたが、戻りむらもなくふっくら戻りました。

茹で時間にも違いがありました。(どちらも戻し汁使わず、新たに水から茹でていて、沸騰後から弱火にしてからの時間です。)
画像

左が(1)で、30分茹でました。(ちょっと茹ですぎたので、1~2分短くても良かったです)
右が(2)で、20分茹でました。

お豆は、見た目で未熟な豆を見分ける事が出来ないので、一晩浸水しても戻りきらない豆もあるようです。
そんな時は、お湯で戻すと、ふっくら戻ってくれるようです。

時短にもなるので、お試しを


ネットショップからのご注文はこちら↓
べにや長谷川商店あつかっている品々ショップ
http://beniyahasegawa.cart.fc2.com/

べにや長谷川商店 今井








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック