北海道は漬物シーズン!

母 長谷川 ミヨの漬物仕込み風景。12月24日の漬物講座用です。
12月に入ると農家のおかんは「切り漬け」といって鰊漬けや北海道の助宗鱈を干物で漬ける「ぽんたら」漬けに、おかんは忙しくなります。
お正月に食べるには、寒が強くなってからでないと発酵が進んで酸っぱくなるので、12月に入って氷点下になる寒い時期に漬けはじめます。この時期の漬けものづくりは、とてもたいへんな作業になります。
画像


塩をたっぷり振って塩漬けします。約1か月重しをして水出しをします。
画像


遠軽の青大豆の生産者のつくってくださった福神漬け。からし菜が入ってぴりっときいています。
画像


青大豆をストーブの横で乾燥させていました。
画像


ヤーコンの粕漬け。シャリシャリしてとてもおいしい!
画像


このようにテカテカ、スケートリンクみたいに路面が凍結しています。
とても危険。
12月14日からのおかんの会、北海道以外からお越しのみなさま、くれぐれもお気を付けください。
靴に縄を巻きつけるとストッパーになるので、おしえてあげないと。
画像


べにや長谷川商店
長谷川 清美

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック