アクセスカウンタ

beniya

プロフィール

ブログ名
beniya
ブログ紹介
北海道遠軽町で創業昭和元年創業の在来種の豆をあつかう雑穀商の長女に生まれました長谷川清美です。日本と海外の在来豆探訪をライフワークに、横浜で料理教室、営業、販促活動そして北海道遠軽町では古くからの農家とのやりとり、店の運営で日々奔走しています。
zoom RSS

豆の作況(道東)

2018/07/11 11:31
皆様こんにちは。べにや長谷川商店遠軽スタッフの松下です。

連日の報道で、西日本を中心とした記録的な大雨により土砂災害や浸水等、各地で甚大な被害が相次いでいる様子を拝見し、どんなに大変な思いをされているのだろうかと大変胸が痛みます。お亡くなりになられた方々に心よりお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

北海道でも、地域によっては家屋の浸水のほか、河川の氾濫や土砂崩れ、畑・水田の浸水による農業被害も出ているところもあるようです。また、雨もさることながら、低温が続いていることによる発育の遅れがかなりあり、今後の気温上昇に期待したいところです。

ここ遠軽町では、ニュースをご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、濁流の影響で橋脚下部が傾き、橋が陥没するという事態になりました。ですが、幸いなことにけが人はなく、大事に至らなかったようです。

さて、そのような状況の中、7月6日、べにや長谷川商店代表の長谷川清美とともに、道東の生産者さんの畑を視察に行ってまいりました。

まずは北見市のお隣、訓子府町の植田幸一さんの畑へ。植田さんのところでは紫花豆を栽培されています。
画像

5月18日に種まきを終えられたそうで、そのころは暖かい日が続いていたので順調に発芽したのですが、その後低温続きで若干発育に遅れが出ているとのこと。ですが、結構ツルが伸びているものもありました。紫花豆は真っ赤な花が咲くので「赤花豆」とも呼ばれていますが、なんとツルも赤い!ほんのりあずき色なのです。
画像


こちらは今回の大雨でできた地割れ。
画像


植田さんは、農薬については減農薬を心掛け、作物の状態を見て判断し、どうしても必要な時だけ、必要最低限の量だけ使用するようにしているとのこと。なるべく薬に頼らず育てることで、自然に適応できる力を持つ丈夫な作物に育つのだそうです。「作物も人間と同じなんだよ」とおっしゃっていました。

次に釧路市へ向かう予定でしたが、訓子府の隣町、置戸町のclub大地の事務所へ立ち寄り、作付状況についての確認をしてきました。club大地の代表 福澤信一さんにお話しを伺ったところ、生育状況については、やはりこの低温で生育が止まってしまっていて、まき直しをしている人もいるとのこと。寒さに強い大豆類は大丈夫そうだけれど、小豆は壊滅状態とのことでした。いんげん類についてはそこそこかもしれないが油断はできない状態だそうで、これから気温が上がり、好天に恵まれることを祈るばかりです。

次は釧路市で自然栽培をされている成澤祥明さんの畑へ。こちらでは、白花豆、紫花豆、栗豆、真珠豆、茶色いんげん、マンズナルなど栽培されています。こちらは紫花豆。
画像

種まきは6月中旬だったとのことで、まだツルも出てきていない様子。雨の影響についてお聞きしたところ、ここは高台なので影響はほとんどなかったとのことでした。
画像


このほか黒千石大豆も栽培しており、その豆で作った納豆は大変人気なのだそうです。

↓の草は、被覆材として畑の上にかぶせるためのもので、乾燥や保湿の効果があるとのこと。また、今年は昨年より畝間を少し広くしてみたりと、色々工夫をされながら取り組んでいらっしゃいます。
画像


次は、帯広市の武田廣市さんの畑へお邪魔しました。こちらでは本金時、パンダ豆を栽培されています。大分ツルが伸びてきたので、近いうちに手を立てるとのこと。「あれが大変なんだよな〜」とおっしゃっていました。
画像
画像

武田さんの辺りでも結構な降水量だったようで、雨の影響で一部だめになってしまった苗もありましたが、それほど大きな影響は受けなかったとのこと。種まきは6月5日頃終えられ、まずまずの生育状況といったところです。

翌日の7月7日は、幕別スタディツアーの開催場所、幕別町の平譯優さんのお宅へ。スタディツアーでは、平譯さんのお母さん キクノさん(97歳)に、昔の農家の暮らしや真珠豆の話などをたっぷり伺いました。
画像

画像


お話のあと、平譯さんの畑でとれた小麦粉「キタノカオリ」で作った手打ちうどんや、いなきび入りビルマ豆ごはん、真珠豆や栗いんげん、前川金時の塩ゆで、野菜の天ぷらなどをお召し上がりいただき、その後、吐く息が白くなるほどの寒さに加え、小雨降る中畑の視察へ。

こちらが平譯さん。
画像


こちらは小豆。この寒さで例年より2週間ほど生育が遅れているのだそう。
画像

画像


そのほかの大豆類や金時、紅しぼり、うずら豆といったいんげん類についてはまずまずの状況とのこと。
画像

画像

参加者の方から、雑草や虫、病気のこと、また動物の食害についてなどの様々な質問もあり、その都度丁寧にこたえていただき、畑をご案内くださいました。
画像


平譯さんは、「実はそんなに心配してないんだよ。まだこれからだよ」と。天気ばかりはどうにもできませんが、これからの好天に期待を込めて成長を祈るばかりです。

私は1日目のみの参加でしたが、翌日、ツアー二日目となる7月8日は一転して晴天に恵まれ、共働学舎でのチーズ作りや紫竹ガーデンの散策もお楽しみいただき、全行程を無事終了することができたようです。
ツアーにご参加いただきました皆様、ご協力いただきました皆様、またお忙しい中畑訪問にご対応いただきました皆様、誠に有難うございました!


 べにや長谷川商店 松下
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018年豆オーナー加入キャンペーン実施中!≪5/31(木)まで≫

2018/05/11 14:03
在来種の豆の畑オーナー(略して「豆オーナー」)は、一反(10アール)を50口のオーナーで共有し、種まきから作付など一連の作業は農家さんに代行していだき、収穫されたお豆をオーナーの皆様で分配する制度で、消えゆく在来種の豆を食べることで支えていこうという取り組みです。

ただいま『2018年豆オーナー加入キャンペーン』を実施中!

期間中、豆オーナーに2口以上ご加入いただいた方に、


べにや長谷川商店オリジナル 小豆カイロ(非売品) をもれなく 1個 プレゼント!
画像


レンジで温めて繰り返し使えます。目の疲れや肩こりにおススメ。カバーは取り外して手洗い可能です。
茶色と生成り色のいずれか一つをプレゼント。色は選べません。どちらもべにやマーク入り♪
画像
画像


キャンペーン締め切りは5月31日(木)まで!

豆オーナーは一口5,000円で、何口でも加入できます。
消えゆく在来種のお豆を食べることで支えていきましょう!
皆様のお申込をお待ちしております!


※2018年豆オーナーに現在一口ご加入の方につきましては、キャンペーン期間内に一口以上追加加入された場合、キャンペーン対象となります。

※すでに2018年豆オーナーに2口以上ご加入済の方はプレゼント対象となりますので、『豆くう人々』発送の際に同封させていただきます。

詳細はこちら↓(クリックすると大きくなります)
画像

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


レターパック便始めました!

2018/05/11 10:44
クリックすると大きくなります↓
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


簡単!大豆と間作大豆で梅醤油がけ

2018/04/27 13:57
みなさん、こんにちは!
北海道遠軽スタッフ、星野です。
北海道でも、道南の方からちらほら桜のニュースが聞こえ始めました。ここ遠軽町はちょうどゴールデンウィークあたりに見ごろになるでしょうか

今回は代表の清美社長が遠軽入りする日に合わせて、ご指導のもと『大豆の梅醤油がけ』を作ってみました。
書籍「べにや長谷川商店の豆料理」P33でも紹介されていますが、それを基に大豆と間作大豆を使い少々アレンジを加えて、とても美味しい一品が出来上がりました!

画像


普段は調理する前日から一晩水に浸水した大豆を使うのですが、今回は二日前に洗って浸水し冷蔵庫に入れておきました。二日間も浸水していて大丈夫かな…と思いましたが、ふっくらきれいに戻っていました。
大豆は脂肪分を多く含んでいるため、長く浸水しても豆の皮切れなどもなく使えるのだそうです。
また豆によっては戻し時間が長すぎると、皮が裂けたり煮くずれの原因にもなるので注意が必要です。

材料はこんな感じです。👇

画像

〇浸水しておいた大豆、間作大豆・刻んだ梅干し・塩・醤油・だし汁・ごま油・かつお節
(大豆は北海道で代表的なトヨマサリ系の大豆です。豆腐・味噌・納豆など色々な加工品にも使われています。間作大豆はむかし田んぼの畦に蒔いていたのでこの名前がつきました。小振りなので納豆大豆とも呼ばれ、納豆によく使われています。)

大きさの違う二種類の大豆ですが、一緒に塩茹でします。茹で時間も同じで大丈夫です。
落し蓋をして15分…一口試食してみると少し固めかな…とプラス5分。だいたい20分ほどで丁度よい固さになりました。
茹でていると出てくる泡はサポニンという成分です。苦味のもとですが、抗酸化作用があり肥満防止や免疫力アップなど健康づくりに期待できる成分なので、取り除かずに茹でるといいとのこと。茹で汁もスープなどで活用できます。
茹でている時の吹きこぼれにはご注意を。

画像


次に梅干し、だし汁、塩、醤油を混ぜたものに茹で上がった大豆を投入し混ぜます。
最後にお好みでごま油を少量加えて混ぜ合わせます。ごま油を入れる場合は塩などの調味は先にするといいとのこと。これは油でコーティングされると塩分が豆に浸透しにくいためだそうです。
これだけでも梅干しの味がきいてとても美味しくいただけますが、かつお節を少々ふりかけても旨味が増して美味しいですよ!
お好みでどうぞお試しください

画像


                                       2018,4,23  遠軽スタッフ 星野

<ご注文&お問合せ先>
べにや長谷川商店
tel 0158-46-3670(平日10時〜16時:土日祝日休業)
fax 0158-42-2490(24時間受付)
e-mail kiyomi-hasegawa@muh.biglobe.ne.jp

べにや長谷川商店あつかっている品々ショップ↓
http://beniyahasegawa.cart.fc2.com/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お豆サロン

2018/04/03 15:54
<お豆サロン>

お豆サロンは、みんなで豆料理を作って、豆料理を楽しむ会です。


〜8、9月は海外取材のためお休みです〜


■10月のお豆サロン

★10月19日(金)

「海外取材報告会」

■11月のお豆サロン

★11月11日(日)

「ウクライナ、ルーマニア編」

★場 所  べにやビス(横浜市青葉区美しが丘5-34-1 藤和シティホームズあざみ野404)
★時 間  12時〜15時
★参加費  3,500円
★持ち物  エプロン、ふきん、三角巾、筆記用具、お持ち帰り容器
★ お申込 べにや長谷川商店tel 0158-46-3670 または 090-8746-3320
メール kiyomi-hasegawa@muh.biglobe.ne.jp


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大豆ペーストで簡単ニョッキ

2018/03/31 02:00
こんにちは!遠軽スタッフの今井です。
今回は、一番身近な豆「黄大豆」を使いました。

大豆は、昔から「畑のお肉」とネーミングされている通り、肉や魚に匹敵するほどの豊富で良質なたんぱく質が含まれています。

実は、大豆の水煮から豆乳が出来ると何処かで見たので、以前豆腐を作った私は、生呉に火を通す時に「焦げ付かないか・・・、吹きこぼれないか・・・」と、とても気を使ったので、そんな簡単に豆乳が出来るのなら!と、再挑戦する事にしたのですが、これが残念なことに失敗してしまいました。

手順は次の通りでした。

北海道産大豆を水で戻す
    ↓
圧力鍋で簡単に指でつぶせるくらいまで茹でる
    ↓
ゆで汁と一緒にフードプロセッサーにかける
    ↓
熱いうちに晒で濾す
    ↓
豆乳の出来上がり!と思ったら、なんと、ゆで汁の濃い物にしかなりませんでした。
茹ですぎたのでしょうか?

画像

見たところ、豆乳として飲めそうにありませんでした。

せめておからがおいしければ!と、思ったのですが、なんとおからとは言い難く、大豆ペーストになっていました。
画像


おからが出来るのを楽しみにしていたので、豆乳にならなかった事を残念に思いながら大豆ペーストをすくって
一口食べてみたところ、「えーっ、クリーミーで甘くておいしい」!!!!
本当に、調味料は何も入れていないのに、それだけでもおいしかったのです。


そこで、大豆ペーストを使って簡単な料理を作ってみました。

【大豆ペーストで簡単ニョッキ】
材料
・大豆ペースト 150g
・強力粉      80g
・ゆで汁(硬さ調整用) 適量
ソース用材料(1人前)
・牛乳 100cc
・溶けるチーズ 50g
・すりおろしにんにく 少々
・塩、コショウ 適量


作り方
大豆ペーストと強力粉を混ぜ合わせて、ゆで汁で調整しながら耳たぶ位の柔らかさになるまで、よくこねます。

出来上がったら、直径3センチくらいの棒状にのばし、1センチくらいの幅に切り分け、ひとつずつ丸めて軽く指でつぶしてフォークで跡をつけます。
画像


フライパンにソース用の材料をすべて入れ火にかけます。
沸騰したお湯に塩とオリーブオイルを少量入れ、ニョッキの生地を茹でます。
浮き上がってから2、3分後に、ザルにとり水分をきってから、フライパンに入れソースを絡めれば出来上がりです!
画像


これは、子供に大好評でした!

残ったニョッキの生地は冷凍できます。
使用するときは、冷凍のまま茹でてください。

【大豆ペーストで簡単デザートピザ】
(材料)
・大豆ペースト 80g
・ホットケーキミックス 180g
・ゆで汁(硬さ調整用)適量

(トッピング用材料) お好みで
・マシュマロ
・イチゴ、バナナなど 
・チョコレートソース
・ホイップクリーム
・粉砂糖

大豆ペーストとホットケーキミックスを混ぜ合わせてピザ生地を作ります。
なるべく薄くのばし、余熱したオーブン180℃で15分焼きます。その後裏返しマシュマロを乗せ10分程焼きます。
画像


少し粗熱を取ってから、お好みの果物をトッピングしたら出来上がりです。
画像



後から、豆乳の作り方について代表の長谷川に確認したところ「茹でてからでは豆乳にはならないですよ!」
との事でした。

やはり、ひと手間があってのおいしい豆乳とおからなんですね

でも、大豆ペーストは大成功 こんなにおいしいなんて、まだ残っているのでクリームコロッケにもあいそうです。
考えただけでもおいしそう!

ちなみに、生の大豆には毒素があるので、茹でる時は最低15分は茹でてください。

昨年は大豆が豊富に入荷いたしました!
例年早々と完売してしまう、白花豆や栗いんげん等も在庫がございます。
ぜひ、当店のショッピングサイトをご覧ください!

べにや長谷川商店あつかっている品々ショップ
http://beniyahasegawa.cart.fc2.com/

べにや長谷川商店 今井
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


国内&国外イベントのご案内

2018/03/22 11:53
2018年、べにや長谷川商店では、下記 三つの国内&国外のワークショップ・スタディツアーを開催いたします!
いずれも残席あり!皆様のご参加をお待ち申し上げます!


■ 5/19(土) 檜原村ワークショップ

■ 7/7(土)〜7/8(日) 幕別スタディツアー

■ 10/13(土)〜10/18(木) 台湾阿里山スタディツアー

詳細はこちら↓

●檜原村ワークショップ

今回の檜原村ワークショップ第2弾は、ヤブツルアズキ、山菜料理、そして 御麦料理の3部構成となります。
御麦料理は、今や檜原村住人ですら知る人の少ない、米のとれない山間地ならではの豆と麦のいわゆる糧飯(かてめし)なのですが、麦は麦でも熱効率の良い押し麦が出回る以前の、調理に時間のかかった丸麦料理なのです。
近頃、その丸麦が栄養価に優れた全体食であることからも見直されていますが、丸麦を最高に美味しく調理するために檜原村で「へっつい」と呼ばれる薪ストーブにお釜というスタイルで、当時の御麦料理をリアルタイムで食べた経験を持ち、かつ作り方をも心得ている80代の杉田宝造さんに再現していただきます。
料理を通して檜原村民俗学を学べるワークショップ、ご期待ください。
スケジュール、持ち物はこちら↓
画像


●幕別スタディツアー↓
画像


●台湾阿里山スタディツアー(日程が下記に変更となりました)↓
画像

画像


<お申込み・お問い合わせ>
べにや長谷川商店
TEL 0158-46-3670(平日10時〜16時:土日祝日休業)
FAX 0158-42-2490(24時間受付)
mail  kiyomi-hasegawa@muh.biglobe.ne.jp





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

beniya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる