ほっこり!栗豆の甘煮

みなさんこんにちは!
長い間の自粛、緊急事態宣言の解除が発表される中、皆さまどのようにお過ごしですか?
ここ北海道でもまだまだ安心できない状態の中、おそるおそるの生活です。

こんな時にちょっと甘いお豆でほっこりしてみませんか?
今回は希少なお豆、栗豆を使って甘煮を作ってみました。
1C7FCC1C-7984-452F-958D-05612E34E74F.jpeg
◯栗豆〜深みのある黒色で、へそのまわりに2か所えくぼのように引っ込んだ箇所が特徴のいんげん系の豆。味も深みとコクがある。北海道の十勝地方では、煮ると栗のようにホクホクしているので栗豆と呼ばれ、昔から煮豆にするととても美味しいと評判です。


栗豆はよく洗って浸水します。写真は8時間浸水したものです。
ふっくらしている豆もあれば、シワシワの豆も…そしてまだカチカチの小さい豆もあり、少々戻りにムラがあるようです。
もう少し浸水して様子をみます。
04CF9DE1-5D8C-46C1-B2B0-D27967D35EBE.jpeg
15時間ほど経ちました。戻っている豆も多少増えましたがましたが、まだシワシワの豆もあり…あまり変わらないようなので、この状態で煮てみることに。
4EB15871-C9B8-4512-A937-77D88C5D677A.jpeg
鍋に豆と浸けていた水を入れ、豆の3〜4cm上くらいまで水を加えます。落とし蓋をして鍋を強火にかけ、沸騰したら弱火にしてフタをします。
40分ほどで柔らかくなりました。(豆の状態や鍋によっても違いがあるので時々様子を見てください。)
04E26E6A-DF9F-408C-9A0A-BF0A5FCADE35.jpeg
砂糖を2回に分けて加えます。(砂糖の量は煮汁に対して30〜40%)弱火で5分〜10分ほど煮たら、火を止めて塩をひとつまみ加え蓋をして15分〜20分おいておきます。
食べてみると、たしかに〜美味しい‼︎ ですが、やっぱり戻し方が悪かったのか中にはちょっと固めのお豆もあり…煮え方にもムラがあるような…


気になったのでもう一度、作ってみます!
今度は熱湯で戻してみることに!そしてさらに圧力鍋を使って時短にも。
それがこちら↓↓ 洗った栗豆をたっぷりの熱湯で戻します。なるべく冷めないように鍋を使いフタをして、待つこと4時間。
243E179C-6BBC-411E-9C65-434023C79099.jpeg
9F83A892-A752-4083-9BED-5F1DA60EB66D.jpeg
水に浸けてだと15時間かかったお豆が、4時間ほどでだいたいの豆がふっくら戻りました。
そのまま、圧力鍋にかけ圧がかかったら弱火にして7分ほど煮て、圧が下がってから確認してみると!
柔らか〜い!そしてなんといってもお豆の皮もあまり気にならず、しっとりしています。
圧力鍋の実力を実感しました。(圧力鍋の種類によって時間は調節してください。)
あとは同じく砂糖を2回に分けて加え、出来上がりです。
煮えムラもなく、本当に美味しくできました!
0A7FF62E-3700-4289-BDF7-C60B3C8EE808.jpeg
このままでももちろんおいしいのですが、アイスクリームやホットケーキのトッピングにしても♡ きな粉と黒蜜をかけて食べても♡ おすすめです!

さて、この栗豆ですが、
例年は収量が少なく、新豆予約のお客様で完売!なんて事もあるお豆なのですが、昨年は順調に入荷され現在もまだ販売中です。
ぜひこの機会に味わってみませんか?

R2,5,25/ 北海道スタッフ 星野

べにや長谷川商店あつかっている品々ショップ
http://beniyahasegawa.cart.fc2.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント