【希少豆】大袋(500g/1kg)も販売しています!

いつもは入荷量が少ないため300gのみの販売とさせていただいておりました下記の豆につきまして、再入荷がございましたので、500g、1kgも販売しております!

黒小豆
さくら豆
本金時
パンダ豆
ビルマ豆
栗豆
茶豆
黒いんげん
緑貝豆
茶色いんげん
※栗いんげんは完売しました。

■黒小豆
黒小豆.JPG
「小豆」と名前がついていますがいんげん種。水で戻してから使います。
コクのある味。豆ご飯は、白米はもちろん、玄米にも負けないコクがあり、玄米ご飯にもピッタリです。あんこにしてもおいしい。

■さくら豆
さくら.JPG
まん丸ですがいんげん種。水で戻して使います。
でんぷん質がホクホクとして美味しい豆です。じゃがいもで例えると、金時はねっとりしてメークイン、このさくら豆はホクホクの男爵のような食感です。皮はそう固くはないのですが、煮崩して食べるのもおいしいので、チリコンカンなどの煮込みにもおススメです。

■本金時
くりまめ.JPG
水で戻して使います。
一般の金時豆に比べて戻すのに少し時間がかかります。急ぐ場合や戻りにくい場合は、熱湯で戻していただくことをお勧めします。甘煮もとても美味しい豆ですが、ちょっと固めにゆでてピクルスにするときれいに発色するのでおススメです。

■パンダ豆
パンダ.JPG
水で戻して使います。
虎豆に近い味です。虎豆よりはちょっと皮が固めですが、クセがないのでどんな料理にも合います。オリーブオイル、にんにくなどでアヒージョ風にしても美味しい。若さやで食べても美味しく、ツルが伸びるので手竹が必要ですが、プランターでも栽培可能なので、ご自宅で試してみてはいかがでしょうか。

■ビルマ豆
ビルマ.JPG
水で戻して使います。
ビルマ豆といえばビルマご飯。いなきびなど雑穀を入れて食べると、ビルマの存在感が際立ちます。煮ても色柄が残ります。ご飯にするときは、水で戻してお米と塩少々と一緒に炊くだけ。固いのが苦手な方は、固めに下茹でして入れるとやわらかく炊けます。
小粒なのにパンチがあり、クセのある調味料にも負けない豆なので、アンチョビバターで炒めるととても美味しい。パスタを加えてもOK。

■栗豆
栗豆.JPG
水で戻して使います。
ポクポクとした食感はまさに栗のよう。甘煮好きにはたまらない豆です。塩ゆでにしてメープルシロップ、はちみつ、黒蜜などをかけるのもおススメです。

■茶豆
茶豆.JPG
大豆種。水で戻さず、煎ってお米とお塩少々と一緒に炊飯器で炊くだけで手軽に豆ご飯ができます。濃厚な味。パクチーや大葉などの菜っ葉をたくさん入れてアジア風ご飯にもおススメ。

■緑貝豆
緑貝豆.JPG
水で戻して使います。
皮が薄いので、煮崩してポタージュにしても美味しい。生産者の方で、羊羹にして食べているという方も。

■茶色いんげん
茶色いんげん.JPG
水で戻して使います。
皮が柔らかいのに煮崩れもあまりせず、十六ささげにちょっと似たような感じもします。ハンドミキサーやフードプロセッサーでペーストにしてもOK。クセがないので、どんな食材とも合う豆です。
ホールトマト、炒めた玉ねぎなどの野菜とゆでた茶色いんげん、野菜ブイヨンをとろみがつくまで煮立て、塩コショウで味をととのえ、オムレツにかけていただく「豆オムレツ」もおススメです。

■黒いんげん
黒いんげん.JPG
水で戻して使います。
栗豆と見た目は似ていますが味は全然違って、栗豆のほうはコクがあってポクポクしているのに対し、黒いんげんはクリーミーな食感であっさり味です。皮は茶色いんげんよりは若干しっかりしていますが、煮込み料理やペーストにしても美味しそうな豆です。


今年は例年より希少な豆が豊富に入ってきました。ぜひこの機会にお試しください!

べにや長谷川商店あつかっている品々ショップ
http://beniyahasegawa.cart.fc2.com/




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント