赤中長うずら豆とぶなしめじの炊き込みご飯

皆さんこんにちは!
遠軽スタッフの星野です。今年は初雪が遅く…いつ降るのか⁇と…嬉しいような寂しいような…と思っていましたが、ついに遠軽町でも11月20日今年の初雪が降りました。
一気に気温が下がり、寒い寒い冬の到来です😨

今回は昨年めずらしく入荷した「赤中長うずら豆」を使って、簡単な炊き込みご飯を作ってみました。
画像

◇材料
米 2合
赤中長うずら豆(乾燥) 50g
ぶなしめじ 1株
油揚げ(小揚げ) 2枚
生姜 1片
細ねぎ 少量
酒 35cc
醤油 35cc
顆粒だし 6g

◇作り方
赤中長うずら豆はよく洗ってから熱湯に3~4時間ほどつけて戻しておきます。
画像

ぶなしめじは石づきを取ってほぐし、油揚げは短冊切り、生姜は千切りにする。
画像

米2合を研ぎ、酒・醤油・顆粒だしを入れてから、2合の目盛りの線まで水を注ぎ、ひと混ぜしておく。

戻しておいたうずら豆、生姜、油揚げ、ぶなしめじの順に上にのせ、炊飯する。

炊き上がったら細ねぎを散らして出来上がり♡
画像


赤中長うずら豆は私は初めて食べましたが、ほっくりしていてとても美味しく出来ました。ご飯にもよく合います。

調味料はお好みで調節して下さい。またお豆が柔らかい方がお好みの方は先に固茹でしてから使ってみて下さい。炊飯器の種類によっても炊き上がりに違いがあるようです。

さて~この赤中長うずら豆ですが、今年は入荷されるかどうか…去年はめずらしく入ってきたお豆なのですが、あまり知られていないせいか(笑)まだ少々在庫がございます。この機会にぜひご賞味してみませんか?
画像

○赤中長うずら豆
赤い斑紋が特徴のうずら豆。海外ではピント(まだら)ビーンズに相当します。あっさりめと濃厚の中間ぐらいのコクで煮豆ではポピュラーな豆です。同じうずら豆で模様の色が茶色の中長うずらは赤中長よりもやや大きく楕円の形をしています。煮豆はもちろん、ご飯との相性も良くピラフやおこわに入れてもよし。

ぜひお試し下さい!


べにや長谷川商店あつかっている品々ショップ
http://beniyahasegawa.cart.fc2.com/

   べにや長谷川商店 スタッフ 星野

この記事へのコメント

Norine
2019年03月16日 08:00
online gambling
roulette for fun
casino game
no deposit casino bonus codes
best online casino
Nicholas
2019年04月17日 15:51
slots casino games
casino slots
online gambling
casino games slots
play casino

この記事へのトラックバック