お豆のタルト(簡単タルト生地)

みなさん、こんにちは!
べにや長谷川商店遠軽スタッフの今井です。
今回はいろいろな種類の豆が食べたくなり、3種類の豆を茹でて簡単タルトを作りました。


今回使用のお豆は下記の通りです。
・手亡(主に白餡の材料として使われています。スープやつぶしてデップにしてもおいしい豆です)
・さくら豆(大豆のように丸いお豆ですがいんげん豆です。割と早く煮えあっさりしたお豆です)
・栗いんげん(おかず豆とも言われていますが、茹でるとほくほくしていておいしいです。少し茹でるのに時間がかかりますが、その分荷崩れしません)

【基本の豆の茹で方】
洗った豆を4~5倍の水に一晩浸して戻します。
戻した豆を鍋に入れ、豆より3~4㎝上まで水を入れて、最初は強火で加熱します。
沸騰したら弱火でコトコト、豆があまり踊らないように柔らかくなるまで茹でます。
茹でるときの水は、アクが気にるようでしたら新しい水で、気にならない方は多少栄養分が流れている戻し汁で茹でて大丈夫です。また、豆の模様を少しでも残したい方は、数回茹でこぼすと良いようです。
茹でてるときに、少量の塩を入れると茹で上がった時にそのままでも十分おいしいです。

白い手亡に色移りするのが残念なので、別々に茹でてから合わせました。
ちなみに、茹で時間は【手亡 25分】【さくら豆35分】【栗いんげん40分】でした。
鍋の種類などによっても差があるので、あくまでも目安にして下さい。
20分位で一度一粒食べて、茹で具合を確認してみると安心です。

画像


3種類を一緒に茹でたところ、手亡豆は少しベージュになり少し荷崩れしましたが、お料理に使うには全く問題ありませんね。

画像



<タルトの作り方>(直径15㎝)
【材料】
ゆで豆 200g

(タルト生地)
ビスケット 1箱(約120g)
牛乳 大さじ 4杯
溶かしバター 30g

(カスタードクリーム)
小麦粉 25g
砂糖 50g
全卵 1個
牛乳 250cc
バニラエッセンス お好み

【作り方】
(タルト生地)
①ビスケットは砕いて、保存袋のような少し厚めの袋に入れてさらに細かくします。
②牛乳と溶かしバターを入れまとまるまでこねます。
③まとまったら、型に入れ伸ばし、ラップをかけて冷蔵庫に入れておきます。

画像


(カスタードクリーム)
①小麦粉と砂糖を泡立て器でよく混ぜ合わせます。
②卵を白身が気にならなくなるまで溶いてから、①に入れよく混ぜ合わせます。
③温めた牛乳を少しずつ加え、ダマにならないようにさらに混ぜます。
④材料すべて混ぜあわせたら弱火にかけ木べらなどでかき混ぜ、とろっとしたらバニラエッセンスを加えます。

タルト生地に冷したカスタードクリームを乗せ、お豆を乗せたら完成です。
画像


手亡はしっとり、さくら豆と栗いんげんはほくほくでとても美味しかったです。

豆は戻してから茹でるので、時間がとてもかかるイメージですが、ひと握りの豆でもボールに豆と5倍位の熱湯を入れフタをして3時間ほど置いて戻し、20~30分茹でるとどんな料理にも使えます。

当店、まだまだいろいろな種類の豆を取り扱っておりますので、食べたことのない豆に挑戦してみてはいかがでしょうか?

べにや長谷川商店あつかっている品々ショップ
http://beniyahasegawa.cart.fc2.com/

  
  べにや長谷川商店 今井



  
 






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック