大豆ペーストで簡単ニョッキ

こんにちは!遠軽スタッフの今井です。
今回は、一番身近な豆「黄大豆」を使いました。

大豆は、昔から「畑のお肉」とネーミングされている通り、肉や魚に匹敵するほどの豊富で良質なたんぱく質が含まれています。

実は、大豆の水煮から豆乳が出来ると何処かで見たので、以前豆腐を作った私は、生呉に火を通す時に「焦げ付かないか・・・、吹きこぼれないか・・・」と、とても気を使ったので、そんな簡単に豆乳が出来るのなら!と、再挑戦する事にしたのですが、これが残念なことに失敗してしまいました。

手順は次の通りでした。

北海道産大豆を水で戻す
    ↓
圧力鍋で簡単に指でつぶせるくらいまで茹でる
    ↓
ゆで汁と一緒にフードプロセッサーにかける
    ↓
熱いうちに晒で濾す
    ↓
豆乳の出来上がり!と思ったら、なんと、ゆで汁の濃い物にしかなりませんでした。
茹ですぎたのでしょうか?

画像

見たところ、豆乳として飲めそうにありませんでした。

せめておからがおいしければ!と、思ったのですが、なんとおからとは言い難く、大豆ペーストになっていました。
画像


おからが出来るのを楽しみにしていたので、豆乳にならなかった事を残念に思いながら大豆ペーストをすくって
一口食べてみたところ、「えーっ、クリーミーで甘くておいしい」!!!!
本当に、調味料は何も入れていないのに、それだけでもおいしかったのです。


そこで、大豆ペーストを使って簡単な料理を作ってみました。

【大豆ペーストで簡単ニョッキ】
材料
・大豆ペースト 150g
・強力粉      80g
・ゆで汁(硬さ調整用) 適量
ソース用材料(1人前)
・牛乳 100cc
・溶けるチーズ 50g
・すりおろしにんにく 少々
・塩、コショウ 適量


作り方
大豆ペーストと強力粉を混ぜ合わせて、ゆで汁で調整しながら耳たぶ位の柔らかさになるまで、よくこねます。

出来上がったら、直径3センチくらいの棒状にのばし、1センチくらいの幅に切り分け、ひとつずつ丸めて軽く指でつぶしてフォークで跡をつけます。
画像


フライパンにソース用の材料をすべて入れ火にかけます。
沸騰したお湯に塩とオリーブオイルを少量入れ、ニョッキの生地を茹でます。
浮き上がってから2、3分後に、ザルにとり水分をきってから、フライパンに入れソースを絡めれば出来上がりです!
画像


これは、子供に大好評でした!

残ったニョッキの生地は冷凍できます。
使用するときは、冷凍のまま茹でてください。

【大豆ペーストで簡単デザートピザ】
(材料)
・大豆ペースト 80g
・ホットケーキミックス 180g
・ゆで汁(硬さ調整用)適量

(トッピング用材料) お好みで
・マシュマロ
・イチゴ、バナナなど 
・チョコレートソース
・ホイップクリーム
・粉砂糖

大豆ペーストとホットケーキミックスを混ぜ合わせてピザ生地を作ります。
なるべく薄くのばし、余熱したオーブン180℃で15分焼きます。その後裏返しマシュマロを乗せ10分程焼きます。
画像


少し粗熱を取ってから、お好みの果物をトッピングしたら出来上がりです。
画像



後から、豆乳の作り方について代表の長谷川に確認したところ「茹でてからでは豆乳にはならないですよ!」
との事でした。

やはり、ひと手間があってのおいしい豆乳とおからなんですね

でも、大豆ペーストは大成功 こんなにおいしいなんて、まだ残っているのでクリームコロッケにもあいそうです。
考えただけでもおいしそう!

ちなみに、生の大豆には毒素があるので、茹でる時は最低15分は茹でてください。

昨年は大豆が豊富に入荷いたしました!
例年早々と完売してしまう、白花豆や栗いんげん等も在庫がございます。
ぜひ、当店のショッピングサイトをご覧ください!

べにや長谷川商店あつかっている品々ショップ
http://beniyahasegawa.cart.fc2.com/

べにや長谷川商店 今井

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック