作況報告② (写真28/9/27)

9月も終わり、すっかり秋めいた季節となりました。
8月に北海道を襲ったトリプル台風・・・
皆様からご心配の声もいただきました。
幸い、ここ遠軽町では大きな災害とはなりませんでしたが、近隣の町では甚大な被害もあり、これから収穫期を迎えるお豆たちにも少なからず影響があるかもしれません。
スタッフ一同、無事に収穫できるよう祈っているところです。

前回の作況報告で、お豆のお花を紹介しました遠軽町生田原の施設での現在のお豆たちの様子です。

◇白花豆&紫花豆
台風の雨にも負けず、順調に育ってくれているようです。
画像
まだ葉っぱは青々としていますが、日当たり良い所はだいぶ乾燥してカラカラとした状態に。
このまま乾燥するのをしばらく待つとの事でした。
まだお花が残っているところもありました。
画像

◇本金時&ビルマ豆
手竹を使わないこちらの豆は、まだ全部ではありませんが乾燥が進んでいるものから長い棒にニオ積みされていました。棒ニオと言うそうです。棒ニオとは遠軽町近郊の農家でしか続けていない今では希少な伝統的な乾燥法です。通気性が良いのでニオ積みよりもしっかりと乾燥するメリットがありますが、手間がかかるため姿を消しつつあります。
画像

画像

この状態でしっかりと太陽の光をあびて自然乾燥するそうです。
画像
鹿対策の為電気柵も設置されています。
しかし本金時とビルマ豆の畑は山に近く、山の方から雨水などが流れてきてしまうため、どうしても土が水分を多く含み粘土質になってしまうそうで・・・あまり生育は良くないようです。

◇緑貝豆
希少で人気のある緑貝豆。種を増やしていくために蒔いて頂いたのですが、こちらもあまり生育はよくなかったようです。
画像


この施設からの帰り道、同じく遠軽町生田原の堀江さんの畑にも寄ってみました。
こちらでは貝豆と前川金時を生産されています。
こちらももうニオ積みされていました。
画像

画像

近くまで行ってみると乾燥したお豆がいくつかはじけて地面に落ちていました。
画像

画像
生産者の堀江さんにはお会いできませんでしたが、収穫が楽しみです。

これからの季節、日も短くなり北海道ではどんどん寒くなっていきます。
無事に収穫されて、皆さんにおいしいお豆が届けられますように・・・

(写真9/27現在)

べにや長谷川商店 スタッフ星野

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック